三浦崇志のブログ

無い!

映画「タネ」撮ってる時の写真でも載せようと思って

昔のSDカードチェックしてたら懐かしすぎる写真が

大量でクラクラしました。

しょうもないアホなことしてる写真は今見ても笑えます。

当時はそんなでもないと思ってた写真がすごくいいと思えたりして

面白いものです。

しか〜し肝心の「タネ」の頃の写真が無い!

それどころか「コロ石」の頃からしか無い!

「タネ」「僕達は死んでしまった」「ニコトコ島」の写真はいづこへ

ということで今日は見つからなかったので終わりです。

また見つかったらアップしますー

 

宣誓

来年の5月末か6月頭あたりに京都で映画の上映があります。

「タネ」から最新作まで上映予定です。

滅多に見れないので是非ともお越し下さい。

ほんとに沢山の人に見にきてほしいのでブログも出来るだけ

書こうと思います。

最近Twitter、Facebookも全然使ってないのでこちらも

なんかしら書こうと思っています。

ちょっとでも見に行こうと思ってもらえればと思うとります。

 

上映の詳細はわかりしだいお伝えします。

もうしばらくお待ちください。

予定空けといてね!

 

 

川辺の四天王

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

だいたい週一ペースで大力ん家で映画をどうにかこうにかしています

今回は今まで以上に変則的な作り方をしているので

映画の進め方から何からさぐりさぐりしているので

道に迷ったり道草したりしなかったりしているので

 

さてさてどんなものができあがるのか

誰にも分からない〜からおもしろいのだ

 

 

 

達人の話

遅くなってしまったけれども撮影旅行に行ってきたよ

 

撮影とは関係ない話

田舎の方へと行ってきました。

撮影の途中でショッピングセンターに立ち寄りました。

郊外によくあるタイプの食料品衣料品ドラッグストアがあるような所

店内が薄暗いことにも驚きましたが

テナントが潰れてデッドスペースになっている場所で

ミニスカートで髪を青色に染めた女の子と金髪のヤンキー風の女の子が

『太鼓の達人』をプレイしていました。

2人とも無言で淡々とバチで太鼓を叩いていました。

 

 

 

きばってこーぜ

Exif_JPEG_PICTURE

さてさて撮影の日が迫って参りました

どうなることやら

感覚を尖らせつつもゆるりとどんどんいければと思います

雨風日光、車のルート、その時しゃべること、気分体調とにかく

全ての物事が映画に影響するので不安とわくわく

そんでもって運も大事です

おもしろいことが起こりますように

 

マル秘エピソード

なにかしら製作の秘密を書きたいと思います。

なにが秘密かわかりません。

今の製作方法もあっちいったりこっちいったり20年くらい

考えて動いてしてるうちに徐々にしっくりキタ感じです。

それでも今後も悩むこともあるでしょう。

 

そもそも誰かに映画を撮らされてる訳じゃないので

楽しくないことはしたくない。

僕らが楽しんでつくって誰かが楽しんで見てくれたら最高じゃね?

そのかわりみんなが面白いと思うもんを作るんじゃなくて

こういうのが面白いと思うねんっていうのが作りたいのです

 

それに2人で勝手に撮ってるのでクセのあるものが出来ていいと思うのです

関わる人間が増えれば増えるほど内容がフラットになってしまいます

やっぱりどっか尖ったもんとかヘンなもんとかアホなもんが好きなんです

 

真面目なこと書いてたら飽きてきたので

おじいちゃんの思い出書きます。

ぼくが高校生の頃の話です。

ぼくの通ってた高校は制服が無くて私服だったので

色々と服を買うようになったのです。

おじいちゃんはぼくの服装を見て気になるとすぐに

「なんじゃ、けったいなカッコして」とか言ってきました。

年寄りにはわからんねんって思い何を言われても気にしませんでした。

ある日ぼくは青いウインドブレーカーを買って次の日に早速着て

家を出ようとしたらおじいちゃんに「なんや、祭りか?」って

言われました。すぐに着替えました。

 

 

 

 

 

しれん

今日ふわふわのかき氷食べたペロッと食べた

あまりにもおいしくて

一番好きな食べもんかき氷かもしれんと思ったけど

やっぱりアイスかもしれん

 

おまっとさんコロ石

『コロ石』の製作話は大力が書いてくれてるのでおまかせして

この前久しぶりに見たコロ石の感想を書いたらあ

 

見るつもりは無かったのですが、ちょうど今上映してるenocoで作業してたら

コロ石上映の時間になったのでちょっと見始めたら最後まで見てしまいました。

いやーおもしろかったです。

マトモなセリフ一つもなくてアホなことばっかりしゃべってるし

こういうしょーもないセリフ考えんのにすごい時間かかってるとは

誰も思わんやろな。めちゃ楽しくて時に苦しい

ニコトコ島で唯一カメラ動くのは大事なシーンやったけど

コロ石でカメラ動くのはどうでもいいシーンやし

せやのに何回見てもラストカットで涙出そうになる

最近封印してたロングショットもやっぱりええなあ

一人でも多くの人に見て欲しいと思っております

おたのもうします

 

爆発!ニコトコ島

ご存知!

の通り現在毎日日替わりでenocoで映画を上映しています

月曜は休館日です

せっかくなので上映している作品について何か書きます〜

 

まずは『ニコトコ島』

2008年完成なので気づけばもう7年も前、驚き

てことで正直あんまり細かいトコ覚えてございません

一応おことわりしておきますがうろ覚えで間違ってることもあるかも

 

そもそもの始まりは鹿児島県の霧島に無料やったか格安で泊まらせて

もらえるって大力の知り合いの人からのご好意があったのです。

ほんなら旅行ついでに映画を撮っちゃおうとなりました。

行く前にどういう映画にするかと軽いシナリオは作りました。

松田君に旅行行こうぜついでに映画撮るぜって軽い感じで誘いました。

で出発の前日、僕の一緒に住んでたおじいちゃんが死にました。

94歳大往生です。おじいちゃんの面白話も沢山ありますがそれはまた。

お通夜には大力も来てくれました。

次の日予定通り出発です。まずは大阪港から車ごとフェリーに乗って一泊

フェリーでも撮影。雨上がりでいい感じ

 

ん?シナリオってどんだけあったんやろ。フェリーのシーンセリフあったし

唯一の大きなお話の展開の後のシーンも鹿児島で撮ってるから

行く前から結構決まってたんかな。

 

そんで宮崎県に到着、港から出た途端トラックと事故りかけ気を引き締める

鹿児島県の霧島へ。今思えばナビもスマホも無くよく無計画で行けたものです

初日は霧島あたりを車でグルグルまわって場所探し

いい場所沢山あってテンション上がりまくり

毎日毎日、朝から晩までみっちりに動いておりました。

ポスターで被ってる仮面も撮影の前日の夜に手作りです。

夏真っ盛り、で何日目か忘れましたが3人とも熱中症になり

もう無理ってなっていったん宿に戻ってちょっと寝てまた撮影

遊べると思ってきた松田君には悪いことをしました。

 

1カットだけカメラが動くのはあらかじめ考えてました。

9割は霧島ですが残りは奈良のいつもの山で撮影しました。

ほんとは爆破シーン撮りたかったけど今となればこれで良かったと思う

燃えてるシーンは大変でした。発泡スチロールとガソリンを山に持ち込んで

あーだこーだしてました。何も事故がなくてよかったものです。

おじいちゃんが見守ってくれたってことにしとこ。

 

このニコトコ島からシナリオに余白を残しておいてその場その場で

カメラもって感覚を爆発させて作っていく基礎ができたのかな。

だんだん余白部分が大きくなって去年真っ白になりました。

 

そんでロカルノ映画祭とヒホン映画祭にも参加できて視野も広がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひぜひ!!

ジュンク堂ミニフェア

IMG_1131

 

トップページにもあるとおり

大阪の阿波座にある江之子島文化芸術創造センター/enocoで

ワークショップと映画の上映があります。

8月中はずっと映画上映をしてるので是非この機会に観て下さいまし。

プログラムはenocoのホームページでチェックしてね。

「ニコトコ島」「コロ石」「石と歌とペタ」「RoadMovie」が日替わり

でやっております。

 

でこの上映に合わせてジュンク堂書店大阪本店で

大力のマンガと三浦のmini写真と結構前に作ったzinを販売しています。

三浦スチールは「ニコトコ島」の映画スチール写真12枚+スナップ写真約10枚。

限定5セット。スナップ写真はそれぞれ違う写真が入ってまして

選べませんのであしからず。税抜き1000円です。

ジュンク堂書店大阪本店2階芸術9番の棚で置いてます。

よろしくお願いします〜。

 

 

3