三浦崇志のブログ

偏愛的部分と全部

ディザスタームービーとかゾンビものって結構好きなんですが

自分の中ではだいたい始まって10分くらいが面白さのピーク

日常が破綻していく様をどう見せるのかっていうところがアイデアの

見せ所であってそこが面白い

そこからは世界から個人とか家族の話になっていってつまんない

もちろん最後まで面白い映画もたくさんあります

あと

小学生くらいの時にドラゴンボールのアニメ映画を見た時のこと

映画が始まると悟空やクリリン、亀仙人たちみんなでデパートで

買い物をしているのですが、そこに敵が現れて戦闘になるのです。

この場合もみんなで買い物してるところがピークです。

悟空たち超人の日常がずーっと2時間の方が面白いのに〜って思いました。

 

 

 

 

 

 

今日見た映画の話をします

「壊れた心」という映画を見ました

僕はツタヤディスカスを使っていてちょっと気になったら

借りるリストにどんどん入れて、送られくるDVDを見ています

届くのはDVDのみ(パッケージは無し)なので詳細がわからないまま見ます

で「壊れた心」見ました

これはあれやな90年代の岩井俊二とかウォン・カーウァイ好きなんやろな

そういうのが丸出しすぎてダサいというか恥ずかしいなと思って見てて

スタッフロールになってわかったのですが撮影がクリストファー・ドイル

真似とかじゃなくてそのまんま本人かーいってズッコけた

ある意味ずっと同じってすごいなとちょっと見直した

途中でヘロヘロの曲にヘロヘロの歌が流れだしてしかもドイツ語っぽい

ドラウかな?と思って気になって後で調べたら

GrausoneってスイスのバンドのIch lieb sieって曲やった

あとエンディング曲のフィリピンのおっさんスカバンドのRUINED HEART

って曲も結構良かった

ってことで結構拾いものでした

 

でもう一つ、メッセージって映画が話題になってたので借りたのです

届いたDVD見たらメッセンジャーって映画でした。間違えた

そら一応見ます。低予算の宇宙ものが始まりました

宇宙ものをいかに低予算を感じさせずに作っているのかの興味のみで見ました。

最初に書いたように始まった時点で感じてるのでバレバレでその後もモロだし

一番気になったのは宇宙から発信されてる電波の元を調べるために3つの惑星

に行くという話、一人で。

で、惑星に到着して電波の発信源を探して歩いて行くんですけど手に持ってるのは

発信源を探知するリモコンみたいなんとランチバッグサイズの入れ物だけ

あっさり電波発信してる謎の球体が見つかります

その球体がランチバッグにぴったりのサイズで入りました。そんなアホな

他にもツッコミどころ満載

ロングショットで50メートルはある崖を降りるのですが登る時には

5メートルもないような崖(下からのショット)になっている

宇宙服の頭にかぶるやつがバイクのフルフェイスヘルメットみたいに

前のプラスチックがパカッと上に開く

キリないからもういいか

なんやかんやと楽しんで見たってことやね

 

しかも今借りてるDVDがダンケルク

クリストファー・ノーランの新作のタイトルってうっすら聞いてたので

借りたのですが、後で知ったんですが劇場公開が9月から

てことはこの映画はなんやねん。一応見るけど

これからはもうちょっと調べてから借りることにします

 

 

 

 

 

劇場”初”公開!!!

みなさま、見ていただけましたでしょうか
劇場公開ですよ!初ですよ!
15年くらい映画作ってきてやっとこさなのです
なんか色々と初めてでよく分からないことだらけ
それが面白かったりもするのですが

さぁ〜大変
どうしたらたくさんの人が見にきてくれるのでしょうか
誰か教えてくださ〜いっていうか助けてくださ〜い
ていうか手伝って〜
とりあえず全然発信していなかったtwitter、facebookに
できるだけ投稿するようにしたりしてます
劇場公開用の公式twitter、facebookもできたので
よければフォローしていただけたらと思います。

よろしくお願いします!!!

夜明け前

暑くて暑くて毎日アイスを二つ食べる日々です
近況報告しようと思いますが、全然更新していないのでどこまで遡ればいいのかな

イメージフォーラムフェスティバルで「ほなね」「monologues」の上映があり
東京に行ってきました。3泊4日。
両方とも一回ずつ一緒に見たのですが今までで一番笑いが起きてて嬉しかった
こんなに嬉しいことないってくらい嬉しかった
面白かったらどんどん声出して笑ってほしいよー

東京の思い出話でも書きたいけど、とにかく行きたいところがなくて困った
中野でおもちゃとか古本見たりとか、安田くん家行ったりとか
東京都写真美術館で山崎博展行ったり。これがめちゃ良くて最後に図録買おかなと思って見たら
全然良くなかった。図録って見た感動を蘇らせるためのガイドブックなんやと思った。
なので図録とか写真集とか画集とかだけ見てイイとか悪いとか言うたらあかんなと
映画も映画館やで
でも自分も最近パソコンの画面で映画を見ることが増えている…

あと家が本だらけになってるということもあって最近漫画は電子書籍ばかりだ
漫画以外はまだ書籍で読んでるけどこの先どうなるかはわからんね
音楽にしても…

なんか近況報告からどんどん離れてしまったので今日はもうやめや
また明日か明後日か明明後日

!!!

イメージフォーラムフェスティバル2017で
『monologues』『ほなね』の上映があります
=

シアターイメージフォーラム(東京)
5/1 21:15~ 『ほなね』
5/2 11:00~ 『monologues』
5/3 11:00~ 『ほなね』
5/4 13:45~ 『monologues』

=
京都芸術センター
5/16 19:00~ 『monologues』
5/18 19:00~ 『ほなね』

=
福岡市総合図書館
6/2 16:10~ 『monologues』

=
愛知芸術文化センター
6/21 16:30~ 『monologues』
6/22 10:30~ 『ほなね』

=
http://www.imageforumfestival.com/2017/
見に来てください!熱望!
=

京都はもちろん東京の上映にも行きますー

恐怖の話

みなさまいかがお過ごしでしょうか

僕は花粉に左目だけ集中攻撃されてひどい有様です

今日ついに耐え切れなくなって目薬を買いました

もっと早よ買えよと言われても先端恐怖症で目薬ダメ人間なのです

先端恐怖症っていうと大げさかもしれませんが例えばこっち向きに

矢が飛んできたり日本刀を向けられたりしたらムズムズします

机の上のコップに入っているストローがこっち向きになってても気持ち悪いです

あと他の人が目薬入れてるのを見るだけで涙が出てきそうになります

そんな僕が今日人生で28年ぶり3回目くらいの目薬をさしました

結構普通にさせました

もっと早よ買えばよかった

 

ついでに言っちゃうとボタン恐怖症もあります

スイッチ的なボタンではなく服のボタンです

なぜか小さい時からボタンがダメなのです

服に付いてるのはもちろんいれもんにボタンがいっぱい入ってるのもあきません

どうダメなのかうまく言葉にできないのですが気持ち悪いというのか嫌悪感

20歳くらいまでほとんどシャツやポロシャツ着てなかったんじゃないだろか

中学生の制服とかは我慢して着てたけどほとんど体操服で行ってた気もする

高校は私服なので問題なし

それが今では普通とまではいきませんが大丈夫です

 

今日は最近読んだ映画の本のことを書こうと思ったのに脱線しすぎたので

今度にします

 

脱線ついでに

この前いわゆる洋食屋さんに行ってカキバーグ定食(カキフライとハンバーグ)

を食べていたのですが半分くらい食べた頃に隣の席におっさん二人が座ったのです

で片方のおっさんがめちゃくちゃ臭い、そんでそのおっさんめちゃくちゃおしゃべり

店でそのおっさんの声しかせえへんくらい声もでかい話まる聞こえ

とにかく臭くてたまらんから急いで食べつつおっさん二人のおしゃべり聞いてました

「今日病院行ってきたんや」「どこの病院よ」「ホスピタル病院」

僕はそこで初めておっさんの方を見ました

ぬ〜ぼ〜

一年間でどれくらい映画を見てるんやろと思て今年一年

見た映画をメモしてました。

今日の時点で数えたら92本でした。

だからどうってこともなくそれだけです。

ほとんどDVDで見ているのでもっと映画館で見なくてはと思います。

つい先日シネ・ヌーヴォでハッピーアワーを見ました

五時間半くらいある映画で途中休憩2回っていうのは初めてでした

 

そうか今日はシネヌーヴォについて書こうかな

初めて行ったのはいつやろか中学生か高校生の時

大力ともう一人友達と3人で行った

九条に行くのも初めてやったし確か夜に行ったし

今まで知ってるような映画館とは全然違うので

なんか現実ではないような感じがした

その時に何を見たのか思い出しました。うる覚えでしたが調べてわかった

『ゼキ、フローリアン・アンド・ケリー』

内容とかどんなんやったかほとんど覚えていない

当時はとにかくヤバそうな映画とか音楽とかにやたらと反応してたから

チラシかなんかで見つけて見に行ったんやと思う

 

その他ではシネヌーヴォで原一男監督がやっていた映画塾に行った

朝から晩までずーっとシネヌーヴォで映画見て話聞いてで何日間やったかな

二日か三日間連続でやるイベントでした

 

あとはヘルツォークの監督特集には全部見る勢いで熱心に通った

ついでにいうと今まで映画館で一番笑ったのはヘルツォークの『小人の饗宴』

笑いすぎてお腹よじれて死ぬかと思た

 

いずれ自分たちの映画もシネヌーヴォで上映できたらなと思います

 

来年は読んだ本もメモって何冊くらい読んでるのか調べてみよーっと

 

 

 

 

 

シュワルツ

お久しぶりです。
いつもいつも久しぶりになってしまっている

『スペースボール』というパロディ映画を見たのです
SF映画、まぁほとんどスターウォーズのパロディって感じです
見始めてからしばらく「ウーーン」イマイチ面白くない
なんでやろうとずっと考えながら見ていました
スターウォーズをちゃんと見たことがないことは置いといて
ひとつは言語かなと思いました。
例えば「asshole」って単語がやたら出てくるシーンで
(僕は英語ができませんがアスホールくらいわかるんだ馬鹿野郎)
字幕では「アホ」って訳されていたのですが
なんかニュアンスが違う気がする
他にも言葉遊び的な部分もイマイチピンとこない
まぁこれは映画に限らずよくあることか

他にメタ的なギャグがちょこちょこあって「お!」と思うのですが
なぜかあまりパンチがない(ある所もある)
思ったのは全てがボケの状態なので構造を崩してもそもそも形が
崩れているので凄さが感じられないのかな
ふざけた顔してふざけたことやってふざけたこと言うより
ふざけてるのか真面目なのかわからないってのがやっぱり
面白いのかなと思いました

しかーし
一時間くらい経った頃から声出して笑っていることに気づきました
だって毎回毎回ドアに挟まるとかしょーもなすぎてアホすぎること
続けられたらやっぱり笑ってしまう

うーん
結果的には面白かったのかも

何かしら書こうと思って感想書いてみましたが
思ったこと言葉にすんの難しいね

Just Keep Making

全然ブログ更新できてなくてA769Kitchenでの上映のお礼が言えてなかった
暑いなか来ていただいてありがとうございました!
そんでもってトップページにある通り明後日9/15にまたまた上映あります。
短編「Monologues」と「コロ石」を上映します
僕たちも行ってトークもしますので是非ともお越しください
平日て事もあって見に来てくる人がいるのかすごい不安です
仕事帰りに、仕事休みに来てちょんまげ

上映が続いておりますがもっともっと上映したいと思っています
どなたか上映したいとかなんとかありましたらご一報くださいー
日本全国どこでも大歓迎もちろん海外大歓迎
上映時にはトークもしますよ〜というか見に行きたい
いろんなところに行きたいな〜

宣伝だけやったら味気ないから近況報告ってほどでもないけど
長らくちゃんと写真撮ってなかったのですが最近毎日ちょっとでも
撮るようにしています
撮りだしたらやっぱり楽しいもんで、ええもん撮れたらその日一日
気分は上々

でこの前、本読んでたらハーモニー・コリンが
ええこと言ってたからみんなにもお伝えします

『作りたいからという理由だけでものを作りたい。
それが映画であっても、たった一行の文章でも、シャワー中の鼻歌でも、
すべては自分がやりたいからやっていること。
契約とかお金とか、そんなことはどうでもいい。
ものを作るということは、それだけで素晴らしいことだから。』

最初の一文読んだ時に「そうやそうや!」って右拳を振り上げた
なんでもそうやけど当たり前のことってなかなかできへんもんやし
いつの間にか忘れてしまいがちあるある

サンドマン

むかしからずっとお笑いが好きなんですが一度も生で見たことがありませんでした。
が、先月の誕生日にサンドウィッチマンのライブチケットをプレゼントしてもらい
昨日見に行ってきました。
2時間半笑いっぱなしで会場中みんな笑っていて途中フッと『なんだこの幸福感は』
って気持ちになりました。しかも前から3列目でめちゃ近かったのです。
また見たいし、他のコンビも見てみたくなりました。

大阪に住んでいるとお笑いは避けて通れません。小学生の時は毎週土曜日は
吉本新喜劇を観るために走って帰ってたし、Mrボールド(今調べて名前分かった)
の頭にりんごが当たって友達と一緒に笑い死にしそうになったり、
すんげーベスト10の放送の次の日はその話ばっかりやったりしてました。
高校生の時には心斎橋で吉本超合金のロケに出くわして写り込んでみたり、
ケンドーコバヤシ(モストデンジャラスコンビの時)を見つけて友達4人で
ずっと後つけて行ってゲームセンターでじゃんけん負けた僕ともう一人が
声かけて握手してもらったりしました。

大阪人は『おもろい』っていう価値観が大きいってよく言う話ですが
僕もやっぱりそうです。『あほ』って大事やと思ってます。

映画でも結局一貫して笑わせたいと思ってます。
今月13日、21日に上映する短編映画もそうです。
3本とも結構前に撮影してたものなんですが長らくほったらかしになっていました。
せリフを全部まとめて考え直して完成させました。
今回上映するアナログキッチンは3本目の「おしゃべりな死神」でロケ地として
使わせていただいた場所です。

ぜひぜひ『あほ』やなあって笑いに来てくださいませ
お待ちしております。