大力拓哉のブログ

「僕達は死んでしまった」撮影時の写真

2008年に、映画「僕達は死んでしまった」を作っていた時の写真も載せます。

僕達は死んでしまった01

2007年6月
次の映画を作るべく、場所探しにウロウロ。
これは生駒の方だったかな。良い山を探す。
そんなことをしていると、CO2というところから助成金をもらって映画を作れることになった。
やった!何しようか。

僕達は死んでしまった02

寒くなってから、二上山で撮影開始。
マイクがあると映画撮影っぽくなるのはなんでかな。
東君に録音をお願いする。

僕達は死んでしまった03

大事な小道具を作る。結構でかい、どうすんだこれ。

僕達は死んでしまったポスター

上映会用に作ったポスター。
木版でB1サイズのを作った。
一枚しか作らなかったので、僕らの手元にはない。欲しい。
「僕達は死んでしまった」は二上山と葛城山で撮影した。
「タネ」は締め切りもなくのんびり作ったが、
今回はお金をもらって作るものなので、そのへんとても緊張感があった。
それでも、やってみたかったことを色々試すことができた作品です。

「タネ」撮影時の写真

2006年に、映画「タネ」を作っていた時の写真を見つけたので載せます。

タネ撮影時の写真01

2006年9月
これは奈良の屯鶴峯、左から出演してもらった吉村君と松田君、
松田君はこの後ずっと僕らの映画に出てもらうことになる。
イレイザーヘッドのTシャツの吉村君は、このずっと後、2014年の「Road Movie」で、
7年ぶりにまた出演してもらうことに。

タネ撮影時の写真02

大力、松田君、手伝ってくれた黒瀬君。
左にうつっているビデオカメラはVX1000という型落ちのカメラ。
三脚は安い割に良さそうな見た目のをヤフオクで買ったが、壊れていたので、
ガムテープでグルグル巻きにして撮影している。

タネ撮影時の写真03

2006年11月
柏原市国分の山、壊れた小道具を組み立てている。
「タネ」はほとんど地元の国分の山で撮影した。
山の中を歩いているところをたくさん撮って、それに後からアフレコでセリフを足して映画を作った。
そういう映画の作り方は今もほとんど変わっていない、そして映画の内容もそれほど変わっていない…
なんでだろうと思うが、あまり何も気にせず作っていたのだろうと思う。
僕は、三浦くんが歌をうたうところが気に入っている。
なんやかんやで半年くらいかかって作った作品だ。
完成した時は、それはそれは嬉しかった。

新作のこと

今また次の映画を作っています

去年のあったかくなってきた頃から作り出して

やっとなんとなく完成がみえてきました

今までいくつも作品を作ってきているけど

毎度毎度作っていくうちに最初に考えていたのと全く違った展開になっていて

やっぱり映画作りは面白いなあと思います

前作「今日も順調」が完成した時は

もうこりゃ次どうしたらいいか全然わからんな

と思ったのですが

また新しいのを作り始めてみるとまだまだ色々おもろいこといっぱいあるやん

ってなってます

なんだろ ずっと遊べるおもちゃな気がします

楽しい~

 

映画「タネ」のこと2

「タネ」を作ったのは2007年なので8年前だ

もっともっと経ってるように思ったけどそんなもんなんだな

8年前か…

8年…

そんなもんか

いや でも8年だよ

8年…

 

とりあえず8年は置いといて、

「タネ」の前の作品

「僕の心の中には、いつも雨が降っている」を完成させて

ぴあフィルムフェスティバルに応募した

そしたら

「奇をてらっているとしか思えない」って感想が返ってきた

なんだよそれよー真剣につくってんのにそんなこと言うなよなー と思った

 

そんでくやしいしまた三浦君と次のん作ろうぜってなって

「タネ」という映画を作ることになった

この映画はもともと

でっかい植物かなにかのタネを拾ったので

友達をさそって山の頂上に埋めに行く

という話になるはずだったのだが

作っていくうちに変化していって今の「タネ」になった

 

「タネ」は初めて松田君に出演してもらった映画だ

松田君はその後も「僕達は死んでしまった」「ニコトコ島」「コロ石」「石と歌とペタ」「Road Movie」と ほぼ全作品に出演し続けてくれている僕らの味方だ

「タネ」の撮影時は国分の山と奈良の屯鶴峯(どんずるぼう)に何度も来てもらった

でかい黒い箱を僕と三浦君と松田くんの3人で持って歩くカットを いろんな所でたくさん撮った

ただ撮影してる時点ではちゃんとした脚本も無いし

セリフは全部アフレコ(その場で録音せずに後でセリフを録音すること)だし

松田君は撮影時なにをやらされているのかあまり良く分かっていなかったと思う

それでもなんやかんやで最後まで付き合ってくれて この映画ができた

今もちゃんとした脚本がないのは変わらないけど

最初からスッと合わせてくれたのは松田くんの才能だと思う

そんで色々考えて編集して音楽を入れてセリフを入れて歌をうたって

「タネ」が完成した

そんでイメージフォーラム・フェスティバルに応募した

そしたら入選した

嬉しかったなあ

 

タネ

当時の上映会のDM

 

映画「タネ」のこと

映画「タネ」 タイトル

映画「タネ」 タイトル2

映画「タネ」のタイトルは

拾った木の枝と松ぼっくりで作った

出演者の名前も全部作った

映画「タネ」 タイトル 吉村

映画「タネ」 タイトル 黒瀬

映画「タネ」 タイトル 内田

映画「タネ」 タイトル 松田

めちゃかっこいい…

映画だと残念ながらあんまり解像度が良くなくてわからないけど

久しぶりに見たら思ってたよりだいぶいけてたよ

またこんなんしよっと思った

 

 

近況

最近は先日撮影に行った新作の編集をしている

新作は今までになく捨てるカットがない作り方になってきている

普通はカットしてしまう部分もいい感じのノイズになるかもしれないのだ

前に作った「石と歌とペタ」で

「なんにもなんにもなんにもない」という台詞があるのだけど

その先を作っていかないと面白くないと思っている

なんにもない先だ

個人的なものかもしれないが

普遍的なものかもしれない

と思って作るねやで

 

 

“Walk” from Evel Records

Takuya Dairiki "Walk" from "Evel"

スペインの”Evel”というテクノレーベルから

僕のアルバムがリリースされました

前回の”YAOP”からのリリースはノイズミュージックですが

今回はダンスミュージックです

ウェブリリースなのでこちらから全曲聞けます

聞いてみてください!!

 

 

d

映画を作っています

先日撮ってきた素材を家で観て

ドトールで2人で考える

針中野ドトールの2階は閉店30分前に閉まる

1階に移動してあと30分

いい案でたのでまた木曜日にやってみる

エクセルシオールカフェはスターバックスのパチもんだと思っていたが

ドトールがやってる上位店だとよ

ロッケンロー

 

 

“a floating medaka and two people”

dairiki takuya

ロシアのYAOPというレーベルから僕のカセットアルバムが出ました

アナログシンセで作った曲が3つ入っています

何本か手元にあるので もし欲しい方がいましたら

dairiki(at)max.odn.ne.jpまでご連絡下さい

600円です

 

http://www.discogs.com/label/59619-YAOP?sort=year&sort_order=desc

映画撮影旅行

IMG_1210

6日間の撮影旅行に行ってきた

良いのいっぱい撮れた

さあこれから編集だ

夜明けは近いぜよ